> ニュースリリース > 2010 > 超大型原油タンカーによる数量輸送契約の締結について

このページを印刷

超大型原油タンカーによる数量輸送契約の締結について

当社は、この度、株式会社商船三井と超大型原油タンカー(Very Large Crude Carrier、以下"VLCC")による数量輸送契約(Contract of Affreightment、以下"COA")を締結することとなりました。

契約概要

(1)期間

平成22年4月より3年間(複数年の当社延長オプション付)

(2)航海数

年間10~12航海

(3)対象船

M/T"Orion Trader"(1998年建造 267千トン)
M/T"Ohminesan" (1996年建造 267千トン)他

(4)基本航路

中東(紅海)~ 菊間

趣旨

平成14年10月、四国事業所(愛媛県今治市菊間町)におけるバースの大型化を実施しました。以来、VLCCによる中東(紅海)積み原油の輸送により、物流の効率化を図って参りました。
この度、他の船舶会社と締結しておりましたVLCCによるCOAが本年3月に終了することを受け、今後も安定的且つコスト競争力のある原油輸送を継続すべく、株式会社商船三井が運航する2隻のVLCC(いずれもダブルハル構造)を中心としたCOAを締結するものです。