> ニュースリリース > 2010 > 残油流動接触分解設備竣工式の実施について

このページを印刷

残油流動接触分解設備竣工式の実施について

太陽石油株式会社(本社:東京都千代田区、社長:岡 豊、資本金:56億円)は、かねてより四国事業所(愛媛県今治市、常務執行役員取締役所長:川上有三)にて建設を進めておりました残油流動接触分解設備(RFCC)に係る「竣工式」及び「竣工披露パーティー」を以下のとおり執り行いました。

実施日時

竣工式 平成22年10月28日 14:15より 於)当社 四国事業所
竣工披露パーティー 同日 17:00より 於)松山全日空ホテル「エメラルドルーム」

出席者

竣工式 約200名
竣工披露パーティー 約160名
  • いずれも 当社 代表取締役社長 岡 豊
  • 代表取締役副社長 塩﨑 和實 他
  • 施工関係者及び招待客

設備概要

残油流動接触分解装置(RFCC) 25,000 バーレル/日
プロピレン精製装置 5,400 バーレル/日
アルキレーション装置 6,000 バーレル/日
分解ガソリン脱硫装置 13,000 バーレル/日
硫黄回収装置 30 トン/日

その他

残油流動接触分解装置(RFCC)
残油流動接触分解装置(RFCC)
竣工式の様子
竣工式の様子
竣工披露パーティーの様子
竣工披露パーティーの様子