> ニュースリリース > 2012 > パラキシレン事業に関わる新規プロジェクト基本覚書締結について

このページを印刷

パラキシレン事業に関わる新規プロジェクト基本覚書締結について

当社は、GS Caltex 社(韓国)及び昭和シェル石油株式会社と、韓国におけるPX事業における新規プロジェクトに関し、本日、基本覚書を締結しました。

当該3社は、この基本覚書に基づき、麗水(ようす)市(韓国)に立地するGS Caltex 社のPXプラント(年産能力135万トン)を年産235万トンまで増強する新規プロジェクトを実現すべく、協力していくことを確認したものです。この増強が実現すると、同プラントはPXの単一工場として、世界最大の生産規模となる予定です。
PXは、繊維製品やペットボトルの製造に使用されるポリエステルの基礎原料であり、中国やインドをはじめとするアジア市場において、更なる需要拡大が見込まれています。
この協働により3社は、原材料調達・生産・製品の販売に至る、PX事業を通しての競争力強化を目指してまいります。

覚書締結日

平成24年4月10日

締結場所

GS Caltex社 本社

締結者

当社 代表取締役社長 岡 豊
GS Caltex 会長兼CEO Dr. Dong-Soo Hur
昭和シェル石油株式会社 代表取締役会長 香藤 繁常(敬称略)
覚書締結
(左)昭和シェル石油株式会社 香藤 代表取締役会長
(中央)GS Caltex Dr. Dong-Soo Hur 会長兼CEO
(右)当社社長 岡