> ニュースリリース > 2013 > 高知県による「環境先進企業との協働の森づくり事業」への継続参加について

このページを印刷

高知県による「環境先進企業との協働の森づくり事業」への継続参加について

当社は、平成18年11月より参加している、高知県「環境先進企業との協働の森づくり事業」に、今後も継続して参加することとし、去る4月15日、高知県、いの町及び当社の三者によるパートナーズ協定の締結が行われました。
なお、この度は協定締結式は実施しておりません。

森の名称

高知県『いの町 太陽が育む森』

対象の森林

高知県吾川郡 いの町の森林(面積 76.61ha)

協定期間

平成25年4月1日から平成30年3月31日

事業の概要 

当社は、『いの町 太陽が育む森』において、間伐等の環境ボランティア活動や、自然を活用した体験学習を実施してまいりましたが、引き続き、この活動を通して、地元いの町の皆様との交流を深め、社会や地域への貢献に努めていくことと致します。
(参考:平成23年度に於けるCO2吸収量は、73CO2トン/年)

環境先進企業との協働の森づくり事業とは

高知県が平成17年から始めたもので、「森の力」をシンボルマークとした「協働の森づくり事業」は、全国一の森林県を背景に、間伐や植栽等を通じて、CO2の吸収や水源涵養といった、森林が持つ大きな「森の力」の再生を目指すものです。