> ニュースリリース > 2014 > 平成27年3月期中間決算について

このページを印刷

平成27年3月期中間決算について

当社第78期(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)中間決算を確定致しました。

第78期中間決算概要

当期は、大規模定期整備工事による生産減により販売量が減少(313万KL、前年同期比140万KL減)し、売上高は3,053億円(前年同期比1,086億円減)となりました。
利益面では、生産減少による国内調達の増加、一部の石油化学製品市況の低迷による大幅な粗利益の悪化により、営業利益は15億円(前年同期比99億円減)の損失、また、営業外収支では改善が見られたものの、原油価格の急落による在庫評価損失等の影響により、経常利益は21億円(前年同期比92億円減)の損失となりました。これらにより、当期純利益は21億円(前年同期比62億円減)の損失となり、減収減益の決算となりました。

損益状況

(単位:億円)

  前期 当期 前期比増減
売上高 4,139 3,053 △1,086
営業利益 84 △15 △99
経常利益
(在庫影響除き経常利益)
71
(47)
△21
( △17 )
△92
( △64 )
当期純利益 41 △21 △62
(参考 連結ベース)
連結売上高 4,169 3,083 △1,086
連結経常利益 72 △30 △102
連結当期利益 41 △31 △72