> ニュースリリース > 2015 > 「今治市 太陽が育む森」 第7回森林ボランティア活動実施について

このページを印刷

「今治市 太陽が育む森」 第7回森林ボランティア活動実施について

去る4月25日(土)、愛媛県今治市において「今治市 太陽が育む森」第7回森林ボランティア活動を以下の通り実施いたしました。当社は、今後も引き続き、森林を守り育て、共に暮らすための活動を実施していきます。

実施概要

実施日

平成27年4月25日(土)

実施場所

愛媛県今治市玉川町龍岡上 陣ヶ森地区 「今治市 太陽が育む森」

参加者

社員とその家族、新入社員、当社OB/総勢68名(子ども13名を含む)

活動内容

植栽作業

複層林造成のため、広葉樹を約200本植栽

獣害防護作業

ニホンジカの食害から木を守るため、防護資材(ハイトシェルター)を設置

体験学習
防災サバイバル体験

着火剤を使わずに、周囲の自然素材とマッチで火を起こし、空き缶でご飯やサバイバルパンなどを作る

木工体験

今治産スギ板を利用して、小さな椅子を製作

ツル細工体験

ツルを利用し、カゴを製作

椎茸植菌体験

原木に椎茸の菌を植え付け

地元今治市の方々との交流 

当日のスケジュール

9:05 四国事業所 出発 ※三か所の集合場所を経由
10:10 活動現場到着
10:15 開会式
10:30~11:50 除伐・枝落とし作業
11:50~12:50 昼食
12:50~14:50 体験学習
14:50~15:00 閉会式
15:00 活動現場出発 ※三か所の経由地点を経由
16:00 四国事業所 到着 / 解散

「今治市 太陽が育む森」とは

平成19年8月に愛媛県及び今治市と締結した「企業の森林(もり)づくり」協定に基づき、当社が活動する市有林41.8ヘクタールを「今治市 太陽が育む森」としています。
「企業の森林(もり)づくり」は、県内の森林整備(水源の涵養、山地災害の防止)地域住民と交流することを目的にした愛媛県の事業で、当社は、当事業に参加した最初の企業です。

 

集合写真

集合写真

防護資材設置作業の様子

防護資材設置作業の様子
 
 

防災サバイバル体験の様子

防災サバイバル体験の様子

 

木工体験の様子

木工体験の様子