> 採用情報 > 先輩社員紹介 > 本社 化学品部:西脇 敦史

このページを印刷

本社 化学品部:西脇 敦史Atsushi Nishiwaki




平成27年入社/文学部卒業
これまでのキャリア
本社 化学品部 二グループ

仕事とは…『普段体験できないことができるもの。』



どうして、太陽石油を選んだのですか?

就職活動中に、社会を支える基盤となるエネルギー業界に興味を持ったのがこの業界を選んだきっかけでした。太陽石油は、業界の中でのシェアは決して高くないものの、四国唯一の製油所という立地を生かし100年以上独立を貫いている姿勢に魅力を感じ入社を決めました。

現在の仕事内容は?

化学品部は、石油化学製品の基礎原料であるキシレン、プロピレンなどの販売をしています。その中で私は主に製品の出荷管理、在庫バランスの調整を担当しています。製品の出荷は基本的に船での出荷となり、化学メーカーなどの取引先や船会社などと日程の調整をおこない出荷に対応していきます。安定的に出荷ができなければ、自社や取引先の装置稼働に影響を及ぼしてしまうため、責任の伴う仕事です。

やりがいを感じるときは?

装置の不具合や悪天候による船の遅延など、大小問わず突発的なトラブルにより計画通りに出荷ができないことは日常茶飯事です。出荷が次々と遅れこのままでは自社のタンクが溢れてしまうという状況になった時、関係各所と調整し状況に対処できたことは、配送を担当する身として安心すると同時にやりがいを感じました。

太陽石油の社風は?

太陽石油は社是の一つに「共存共栄」を掲げていますが、社内の関係にもその精神が生きていることが良いところだと感じています。現在の担当業務である石油化学製品の海上出荷では、社内でも多くの部署が関わっています。海上出荷にはさまざまなトラブルがつきもので、各部署に多少無理な調整をお願いしなければならないこともありますが、そんな時嫌な顔せず協力してくれるため、柔軟な出荷対応ができ、お客様のためにも役立てているのだと思います。

就職活動中の学生へ向けてメッセージをお願いします。

就職には、全員がこうあるべきだという模範解答はないと思います。周りに流されず、自分自身がどうありたいのかを意識して取り組んでいってください。
 

タイムスケジュール


  9:00


10:00



11:00



12:00

13:00



14:00


15:00



17:00


19:00

 

出社/メールチェック/生産状況確認/製品マーケットの確認

取引先、社内関連部署へ出荷スケジュールの連絡/船積関連書類の手配・処理

化学メーカーや商社などの取引先と打合せ


昼食

部内ミーティング



船会社、取引先と出荷日程調整


電話・メールで取引先と打合せ



報告書・資料作成


退社

 

業界紙・情報誌からマーケットの情報を収集。担当製品の生産量を確認し、増減によっては出荷計画の変更を検討していく。

翌日の出荷スケジュールの詳細をメールや社内システムなどで共有。 輸出では手配する書類も多くなるため漏れが無いように気を付けて準備。

先方装置の定修予定や稼働状況を確認し、納入数量をすり合わせたり、契約更改の時期には翌年度の価格・数量などを協議していく。

同期と会社周辺でランチ

海外とのやり取りに慣れるため、会議の大半は英語で実施。担当製品のマーケット状況や今後の方針などを部内で共有。英語は苦手なので毎週準備に追われます。

生産量や在庫バランスを考慮し、出荷日程を微調整する。


生産量が計画よりも多い場合は追加販売などを検討。取引先の状況などを把握して、長めのスパンでの出荷計画を立てていく。

会議資料の作成や、取引先との打合せ内容を営業報告書にまとめる。


 

休日の過ごし方を教えてください。

愛媛・大阪など全国各地のマラソン大会に参加しています。平日も勤務後に皇居周辺をランニングするなどしています。