> 採用情報 > 先輩社員紹介 > 山口事業所 製造部:大野 領士

このページを印刷

山口事業所 製造部:大野 領士Reiji Oono




平成18年入社/応用化学科卒業
これまでのキャリア
四国事業所 製造一部(4年) → 四国事業所 製造二部(2年)
→ 山口事業所 生産・技術部(1年) → 山口事業所 製造部
 
仕事とは…『価値を創り出すこと』



どうして、太陽石油を選んだのですか?

業種に拘らず就職活動を行い各社のセミナーを受け、幸いにも数社内定を頂きました。入社の決め手となったのは太陽石油の社是にある「共存共栄」しながら「独立自尊」を貫くという部分に大変共感したためです。実際に働いている中で、時代の変化に合わせながらも同業他社とは異なる独自の姿勢で取り組み、また各部署が積極的に協議し、迅速且つ的確に対応していく会社の様子を実感し、その一員として働いていることに喜びを感じています。

現在の仕事内容は?

入社して四国事業所で石油精製プラントと残油流動接触分解装置(RFCC)の運転業務を6年経験しました。現在は山口事業所でユーティリティー設備の安定化や省エネ化の検討、工程管理などを行っています。製品を安定かつ効率的に供給するためには、プラントの安全・安定運転が最重視されます。各装置の運転状況の変化や新しい現象が起きれば、原因の解明と対策の検討を行います。この結果、運転状況を改善することが出来たときに達成感を感じています。

やりがいを感じるときは?

入社して4年目にも関わらず、当時太陽石油の新規事業であった残油流動接触分解装置(RFCC)の準備チームに配属となり、装置の建設から実運転までを経験しました。社内でも運転経験がない新しい装置である為、予想外のトラブルや予期せぬ状況変化等が発生し戸惑いましたが、装置の正常運転が達成され製品のファーストドロップを確認した時はとても感動しました。

太陽石油の社風は?

入社後の教育カリキュラムが充実しています。自分の役割や意識だけでなく、他部署の業務内容も教育の中に組み込まれており、社内全体を把握できる仕組みとなっています。その他にも通信教育や海外研修制度なども充実しており、若手でも本人のやる気次第で様々な業務に携わることができる会社であると思います。
また、部署間のコミュニケーションは大変重要ですが、ソフトボールやマラソンなど多種多様な社外活動や懇親会等が度々開催されており、部署だけでなく世代を超えた交流も盛んに行われています。

就職活動中の学生へ向けてメッセージをお願いします。

ひとつの業種に拘らず視野を広げて就職活動して下さい。選択肢が広がれば自分にあった会社に出会うチャンスが広がると思います。入社してからが本当のスタートです。頑張ってください。 

タイムスケジュール


  8:00



  9:00


10:00



12:00


13:00



15:00


16:30


18:30
 

出社/モーニングミーティング
/当日の作業内容確認


SM設備・NUT設備運転状況確認


現場定期作業の安全確認



昼食


協力会社との会議



現場パトロール


資料作成、報告書作成


退社

 

所員全員で昨日の装置状況の報告と
確認を行います。その後、製造部内で
当日の作業内容について確認

各設備の温度、圧力、性状のトレンド
確認を行い異常が無いか確認

シフト勤務者が行う作業の安全確認、
及びフォロー





触媒の評価や工事・修理時のリスク
について検討


配管の位置や現場計器の確認。


次回会議の為の資料や報告書、また
設備改善等の検討資料の作成。