> ニュースリリース > 2011 > 平成24年3月期中間決算について

このページを印刷

平成24年3月期中間決算について

当社第75期(自平成23年4月1日至平成24年3月31日)中間決算を確定致しました。

第75期中間決算内容

売上高は、原油価格上昇による販売価格上昇及び非定期修理年の影響による生産数量増加による販売数量増加があり、357,021百万円となりました。(前年同期比129,846百万円の増収)
RFCC稼動に伴う減価償却費の増加等による粗利益の大幅な減少により、7,299百万円の営業損失となりました。(前年同期比9,969百万円の減益)
経常損益においても、営業外損益の改善はあったものの、7,472百万円の経常損失となりました。(前年同期比9,868百万円の減益)

第75期 中間決算概要

(単位/百万円)

前中間期 当中間期 前年同期比増減
売上総数量 3,241千KL 4,401千KL 1,160千KL
売上高 227,175 357,021 129,846
営業利益 2,670 ▲7,299 ▲9,969
経常利益 2,396 ▲7,472 ▲9,868
中間純利益 2,906 ▲7,151 ▲10,057
(参考 連結ベース)
連結売上高 238,199 361,321 123,122
連結経常利益 2,338 ▲7,972 ▲10,310
連結中間純利益 3,147 ▲7,604 ▲10,751