> ニュースリリース > 2015 > 愛媛FC「被災地支援活動」への協賛・協力について

このページを印刷

愛媛FC「被災地支援活動」への協賛・協力について

当社は、昨年に引き続き、ユニフォームスポンサーを務める愛媛FCの被災地支援活動へ協賛、および協力として、東日本大震災後、さまざまな苦難を乗り越えながら今も活動を続けている福島県南相馬市のマーチングバンド「Seeds+(シーズプラス)」を愛媛県に招待いたします。
滞在期間中、愛媛FCホームゲームでの演奏はもちろん、地元松山市の中学校との交流や自然体験ツアーなど、夏休みならではのイベントで大いに子どもたちを盛り上げます。

実施概要

実施日

平成27年7月31日(金)~8月3日(月)

実施場所

愛媛県松山市・今治市

招待

マーチングバンド「Seeds+」メンバー22名、引率等3名  合計25

主催

株式会社愛媛FC

協賛・協力

太陽石油株式会社

協力

南海放送株式会社、株式会社FM愛媛 ほか
 

期間中のSeeds+活動概要

7月31日(金)

  1. 愛媛県 表敬訪問
  2. 松山市 表敬訪問
  3. 地元メディア出演、および対応
  4. 当社主催「Seeds+」歓迎会への出席

8月1日(土)

  1. 地元中学生との交流
  2. J2リーグ被災地支援マッチ(V.S.セレッソ大阪) 試合直前のピッチ上での演奏

8月2日(日)

  1. 自然体験ツアー(今治市)
  2. 茨城県立大洗高校マーチングバンドコンサート鑑賞(西条市)

83日(月)

  1. 当社四国事業所見学

マーチングバンド「Seeds+」とは

Seeds+の母体は、福島県南相馬市立原町第一小学校のマーチングバンド部。
震災前は全国大会の常連校でしたが、東日本大震災により、居住地域が緊急避難準備区域となり、メンバーの半数が県外へ避難したことで活動を一時中断。その後、メンバーの1人の「離れ離れでも、もう一度、全国大会に出たい」という強い思いに、保護者、指導者が応え、離れ離れでも練習できる体制を作りあげました。
月に1,2度しか全体練習が行えないような状況の中、一生懸命各自が練習を行い、2012年1月末、全国大会への出場を果たします。
その後、メンバーの小学校卒業を経てバンド名を「Seeds+」と命名し、活動を継続しています。
Seeds+の合言葉は、「どんな境遇であっても、諦めたら終わり。進まなければ何も得られない。」。